医療脱毛とエステの光脱毛どっちを選ぶ?「回数」で比較してみた!

脱毛を考えたとき、クリニックへ行くかエステへ行くかで迷う人は多いでしょう。この二つには痛みの強さや費用面など様々な違いがありますが、脱毛完了までにかかる回数というのも重要な比較ポイントです。そこでそれぞれ何回ぐらい通えばきれいになるのか、その美しさはどれだけ持続するのかなど、脱毛の仕組みと合わせてご説明します。

毛が濃いと脱毛回数は増える?ツルツル肌になるために知っておきたいポイント

どうして脱毛は何度も通わなくてはいけないの?

そもそもなぜ脱毛は1回の施術で完了しないのでしょうか。たとえば、ワックスを貼って剥がすことで毛を根こそぎ引き抜く「ブラジリアンワックス」の場合なら、1回できれいになります。ただし2~3週間経つとまた毛が生えてきてしまうというデメリットもあります。

医療脱毛やエステ脱毛は、処理が完了すればその部分の毛は生えにくくなるか、もしくは二度と生えてこなくなるというものです。

その代わり、ある一定期間通って何度も施術を受けなくてはなりません。

その理由は、「すべての毛穴に同じタイミングで毛が生え、伸びていくわけではない」からです。

脱毛に大きく関係する毛の再生サイクル「毛周期」とは

人の体毛はある一定のサイクルで生え変わりを繰り返しており、そのサイクルのことを「毛周期」と呼んでいます。毛の一生は大きく3つの期間に分けられます。まず生え始めてからぐんぐん成長していく「成長期」、成長が終わりやがて抜け落ちていくまでの「退行期」、そして抜け落ちてから次に生えてくるまでの間である「休止期」です。

休止期の毛穴には、毛は生えていません。この生え変わりサイクルの長さは体の部位によって異なります。最も短いのが腕で、毛が生えている時期が3~4か月、生えていない時期も3~4か月です。長いのはビキニラインの毛で、生えている時期・いない時期ともに1年から1年半程度となっています。

注目したいのは、これらのタイミングが毛穴によってバラバラであるということです。同じ腕なら腕であっても、そこにある毛穴がすべて同じタイミングで成長期・退行期・休止期を迎えているわけではありません。もし同じなら、腕から一斉に毛がなくなる時期というのがあるはずですよね。

実際は同じ時期に成長期のものもあれば休止期のものもある、というように混在している状態です。代わる代わる生えてくるので腕には常に毛があります。そして、医療脱毛もエステ脱毛も、毛のない毛穴には効力を発揮しません。

全部の毛を処理するには何度も施術しなくてはならないというのはこうした事情があったんですね。

エステとクリニック脱毛の原理自体はまったく同じ!?

医療脱毛とエステ脱毛、どちらも成長期の毛しか処理できないとご説明しましたが、これは脱毛の仕組みそのものが両方とも同じだからです。

脱毛の際にはどちらも肌に光を照射しますが、光には波長の違う多くの種類のものがあります。脱毛に使うのはそのうち「黒い色によく反応する」という性質を持った波長のものです。これを肌に当てるとどうなるかというと、黒い毛があればそこに吸収されていきます。

そしてその中で熱を持ち、組織を破壊するわけです。このとき破壊されるのは毛の根っこである毛乳頭と、その周りにあって新たな毛を生み出している毛母細胞です。毛を作るところが壊されてしまうと、もう毛は生えてくることができなくなります。

原理自体は共通している医療脱毛とエステ脱毛。ですが施術回数をはじめ様々な違いがあります。それはいったいどうしてなのでしょうか。最大の理由は、パワーの違いです。

臀部脱毛の様々な知識をお届け!メリット・デメリットや回数なども紹介します

完了までおよそ18回・パワーの弱い光脱毛だけどデメリットばかりではありません

まずエステで行われている脱毛ですが、その方式は「光脱毛」と呼ばれています。クリニックの場合は「レーザー脱毛」と呼ばれており、その名称からも少し違うことがわかりますね。脱毛というのは本来「医療行為」であるとされています。

医療行為であるならば、医療機関であるクリニックでしかできないはずです。ではサロンで行われている「光脱毛」とはどのようなものなのでしょうか。サロンで使っている脱毛機は、クリニックで使用している医療用のレーザー機器に比べると出力の弱いものです。

出力が弱いということは脱毛効果も弱いということですが、反面トラブルが起こりにくいというメリットもあります。医師のいないサロンであっても、専門の訓練を受けたエステティシャンであれば安全に使いこなすことができるのです。

ただし効果が弱いため、1回で十分な脱毛ができないということも起こりえます。毛周期から考えると、一番長いビキニラインでも毛のない休止期は1年程度ですから、本来なら1年待てばすべての毛が処理できることになります。

しかしパワーの弱い光脱毛では組織を破壊しきれないこともあるため、もっと期間がかかってしまうのです。毛の量や状態などにより個人差はありますが、サロンの光脱毛では2ヶ月に1回の施術でおおむね18回、3年程度でほぼ完全に脱毛が終わると考えて良いでしょう。《参照元 > 毛周期期間 > 1番得する脱毛入門

何年か経つとまた生えてきてしまうこともありますが、そうしたときのために永久保証を付けているサロンもあります。回数が多く永久脱毛とも言い切れない、そんなサロンの脱毛ですが、痛みが弱い、費用がクリニックに比べて安め、というのは大きな利点です。

また、美肌効果のあるケアをプラスしているところも多く、ムダ毛をなくして「きれいな肌」になりたい、という人にとってはまさに一石二鳥といえます。

脱毛回数は何回がおすすめ?医療レーザー脱毛、光脱毛別に紹介

5~6回できれいに・効果抜群!でも痛い?そんな医療レーザー脱毛が変わってきた

一方、クリニックでは強力なレーザー機器を使って脱毛を行っています。こちらはほぼ永久脱毛といってよいほどの高い脱毛効果があり、完了すればほとんどの場合一生涯ムダ毛の悩みとはさよならすることができるのが大きな魅力です。

脱毛効果が高いため、一度処理したところはほぼ完全に毛が生えてこなくなります。従って脱毛回数も少なくて済み、こちらも個人差はあるものの大体5~6回、期間にして1年程度で自己処理が不要なレベルになり、遅くとも10回行うころにはまったく毛のないつるつるの肌になることができます。

まさに夢のようなレーザー脱毛ですが、パワーが強い分痛みも強く、また料金も高めであるというのが長い間デメリットとしていわれてきました。

近年ではそうした部分を解消しようという努力がなされ、冷却装置を搭載した痛みの少ない機種が開発されたり、価格も徐々に安く抑えられるようになってきたりしています。サロンの脱毛に対して弱みとされていた部分が解消されることで、今後は医療レーザー脱毛を選ぶ人が増えていくのかもしれません。